保健室より: 新型コロナウイルス感染症等の欠席時の取り扱いについて

4月から新型コロナウイルス感染症等の出席停止の取り扱いが変更になります。

・病院を受診し医師が陽性判定 ⇒ 出席停止

・市販の検査キットでの陽性判定 ⇒ 病欠

インフルエンザも同様の扱いとなります。
2024年 4月 1日 (月曜日) 14時59分

保健室より: 静電気を防ぐ衣類の組合わせ

乾燥する季節、ちょっとした瞬間にバチッと静電気で痛みを感じたことはありませんか?この静電気、衣類の組合わせが関係する場合があります。衣類同士がこすれることによって、片方がプラス、片方がマイナスの電気を帯びることがあり、物が電気を帯びることにより帯電し、帯電した衣類から静電気が放電することでバチバチとした現象が起こります。

しかし、静電気を心配しておしゃれを楽しめないのもつまらないものです。そこで、柔軟剤や静電気防止スプレーを使う方も多いと思います。柔軟剤は衣類の繊維の表面に柔軟剤成分(陽イオン性界面活性剤)が吸着し潤滑油の働きをするため、衣類同士の摩擦が減り静電気の発生を抑えます。さらに繊維の表面に電気を外に逃がす層もでき、衣類に静電気がたまりにくくなります。

〇静電気が起こりやすい組合わせ
・「ポリエステル×ナイロン」、「ポリエステル×ウール」
服装例:ポリエステルのスカート+ナイロンのタイツ
ポリエステルのコート+ウールのニット

〇静電気が起こりにくい組合わせ
・「ウール×ウール」、「綿×ポリエステル」
服装例:ウールのニット+ウールのマフラー
ポリエステルのフリース+綿の長袖Tシャツ

2024年 1月 17日 (水曜日) 11時54分

保健室より: 体を温めると良いこと

人間の理想体温は 36.5〜37.0℃ です。

体温が1℃下がると免疫力(病原体と戦う力)が30%落ちると言われています。
体が冷えることで風邪やインフルエンザにかかりやすくなり、体調不良に繋がります。
年末を元気に過ごすためにご参照ください。

★・★ 体を温める方法 ★・★
1.運動
  全身を使った運動(縄跳びなど)は全身に血を巡らせることができるので、手足の先まで温まり、筋肉も鍛えることができます。
2.食事
  体を温める効果がある野菜(にんじん、ごぼう、生姜、タマネギ、カボチャ)を食べたる、野菜は量を食べるのは難しいので鍋がお勧めです。
3.保温
  手袋、マフラーを活用し、3つの首(首、手首、足首)を温めると効果的です。できるだけ肌の露出を減らします。上手な重ね着ができるが理想です。
4.お風呂
  シャワーよりも入浴することでリラックス効果と血行がよくなり、疲れもとれます。

2023年 12月 1日 (金曜日) 14時35分

保健室より: 発育測定について

発育測定(身長・体重)と保健指導を1〜6年生に行います。

< 日 程 >
1年生 ・・・ 9月 4日(月)
2年生 ・・・ 9月 5日(火)
3年生 ・・・ 9月 6日(水)
4年生 ・・・ 9月 7日(木)
5年生 ・・・ 9月 8日(金)
6年生 ・・・ 9月11日(月)

< 注意点 >
/板垢梁定をするため、頭頂部で髮を結ばないようにお願いします。
服装は体育着とします。
 
ご協力をよろしくお願いします。
2023年 8月 31日 (木曜日) 16時16分

保健室より: 熱中症について

「ほけんだより(7月)」を7月14日(金)に家庭数で配布しています。

裏面に【熱中症の予防、応急手当と対処法】について掲載しています。

☆ 夏バテを予防するために ☆

・生活リズムをくずさない(早寝、早起き)
・朝食をしっかり食べる
・クーラーに当たりすぎない
・こまめに水分補給をする
・濃い色の野菜を食べる
・タンパク質を多めに食べる
・外遊びの際は帽子を被り、水筒を持って行く

元気に2学期も登校できるようにご協力をお願いいたします。


2023年 7月 18日 (火曜日) 18時12分

保健室より: インフルエンザの予防

宮崎市内の高校でインフルエンザの集団感染が報道されています。

生徒と職員合わせて491名の感染が確認され、5月22日まで休校するそうです。

インフルエンザの予防といえば「手洗い、うがい、マスク」となっています。

マスクが自己判断になっています。咳・のどの痛みがある場合はマスクの着用を推奨します。

校内では窓を開けて換気をしながら、教室内の温度に気をつけていきます。

熱中症も心配になってくる時期です。無理のないように感染予防をお願いします。
2023年 5月 18日 (木曜日) 13時21分

保健室より: 熱中症予防について

これから段々と暑くなってくると熱中症が心配になってきます。
元気に過ごすためにご協力をお願いします。

水分補給は1番に予防として思い浮かぶと思います。

それ以外に予防の第1段階として、本格的な暑さの前に暑さに身体を慣らすことが大切です。

夜更かしが続くとと朝起きることができず、朝食を食べないことがあります。

〇朝食を食べることによってのメリット〇
・脳を活性化します(勉強に集中できます)
・腸を動かし排便を促す
・「体内リズム」と「生活リズム」を整えます

農林水産省HP 〜 子どもの食育 〜より
リズムよく生活して健やかに!「体内リズム」と「生活リズム」
一日単位で、すいみんや体温、血圧やホルモン分泌などの変化をつかさどっている大切な機能です。人間が健康に過ごすために欠かすことのできない体内時計は、光と関係があり、太陽がのぼっている間は活動的に、しずんだら休息しなさい…と働きかけています。これを「体内リズム」といいます。「体内リズム」が自分の「生活リズム」とズレてしまうと、からだにとってはとても大きなストレス。ズレによってからだと心のバランスが保てなくなると、しっかり活動することができなくなったり、感情が不安定になってしまうことさえあるのです。

2023年 5月 9日 (火曜日) 10時49分

保健室より: ほけんだより(2月)

本日、中島助産師さんをお招きし『命の授業』を2・4・6年生を対象に行いました。

子ども達はその後、自分の考えを感想文にまとめています。

ぜひ、ご家庭でも今日の『命の授業』について話題にしていただければと思います。
 
2023年 2月 9日 (木曜日) 11時31分

保健室より: インフルエンザ号

子ども達の校庭で元気に遊ぶ姿がみられ、3学期が始まった感を改めて感じています。

現在もコロナウイルス感染症でお休みがまだ続いております。

それと平行しインフルエンザでの出席停止もみられます。
インフルエンザの場合は保護者に記入していただく、「インフルエンザ治癒報告書」が登校時に必要となります。
ピンク色で配布しておりますほけんだよりの裏面にあります。
紛失された場合は、学校ホームページのトップ画面、右側の列のリンクからダウンロードしてお使いいただけます。


  
2023年 1月 11日 (水曜日) 13時41分

保健室より: ほけんだより(12月)

本日、1月の健康観察票(うぐいす色)を配付しました。

お休みの期間も毎日の検温と健康観察の記録をお願いします。
 
2022年 12月 22日 (木曜日) 11時15分