さがみはらの公民館ポータルサイト



相模原市トップページ
相模原市教育委員会ページ
さがみはらの公民館ポータルサイト

公民館を知る
地域の学びの拠点「公民館」
(jcom:潤水都市さがみはら)
公民館を知ろう
公民館のあゆみ
公民館館区区域
公民館の動画

(相模原市相模原チャンネルへリンク

公民館ものがたり
 
公民館で学ぶ
委託学級
研究集会
公民館を利用する
公民館の利用
公民館一覧
保育室の利用
FAQ
パソコン機器等の利用について
地域に根ざした公民館
公民館振興計画

公民館運営協議会
(相模原市教育委員会ページへリンク)
公民館のまつり
公民館のてびき書
ホームページについて
公民館の改修に関わる指針

アンケート調査報告書
小中学生のページ
小中学生のためのページ
リンク
身近な生涯学習ルームが
利用頂けます

(相模原市教育施設ページへリンク)
各公民館の施設案内
(相模原市施設一覧ページへリンク)

学習施設・公民館予約システム

(さがみはらネットワークシステムへリンク)


現在の位置:さがみはらの公民館 > 公民館のあゆみ


公民館のあゆみ 相模原市の公民館についてのあゆみをご紹介します。


昭和20年〜29年(1945〜1954年) 昭和30年〜39年(1955〜1964年) 昭和40年〜49年(1965〜1974年)
昭和50年〜59年(1975〜1984年) 昭和60年〜平成6年(1985〜1994年) 平成7年〜16年(1995〜2004年)
平成17年〜(2005年〜) その他近年の関連年表






昭和30年〜39年(1955〜1964年)

年(西暦) 月日 できごと
昭和31年(1956) 3月 初めての文部省委嘱婦人学級を新磯地区で開催
昭和33年(1958) 4月1日 星ヶ丘公民館・清新公民館・中央公民館・国立病院前(昭和34年5月1日相模台)公民館設置(15組織公民館体制)
5月1日 相模原市公民館連絡協議会発足
昭和34年(1959) 4月30日 社会教育法改正(社会教育主事の必置等)
12月28日 文部省、公民館の設置及び運営に関する基準について告示
昭和35年(1960) 4月1日 市教委、社会教育主事を初めて配置する
昭和39年(1964) 3月10日 清新小学校講堂(兼公民館)完成
9月17日 市立公民館条例を公布(市立公民館設置条例は廃止)

昭和40年〜49年(1965〜1974年)

年(西暦) 月日 できごと
昭和40年(1965) 3月4日 市社会教育委員会議、「相模原市立公民館の基本計画について」を答申
7月21日 第1回市民大学を開催
8月19日 第1回成人学校を開催(52年度で終了)
昭和41年(1966)   ※市教委、委託婦人学級(12)同婦人ゼミナール(4)を開始
昭和43年(1968) 7月1日 星が丘小学校・星が丘公民館、住居表示変更により名称変更(旧星ヶ丘)
昭和44年(1969) 3月31日 相模原市立公民館条例施行規則公布
4月1日 上溝公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建)
5月20日 市公民館整備基本計画(第1次基本計画)を策定
11月 「公民館のあるべき姿と今日的指標」(全国公民館連合会発表)
昭和46年(1971) 4月30日 文部省社会教育審議会、「急激な社会構造の変化に対応する社会教育のあり方について」を答申
11月13日 市社会教育委員会議、「公民館の建設について」を建議
昭和47年(1972) 1月20日 市域南部の広域公民館として南文化センター設置(鉄筋コンクリート造3階建開館)
5月28日 県健康まつり相模原大会が市内3会場(大沢小・星が丘小・谷口台小)で開催される
昭和48年(1973) 4月25日 市教委、市立公民館長(非常勤)の任期を3年とする
7月20日 市社会教育委員会議、「相模原市公民館整備基本計画について」を答申
昭和49年(1974) 1月23日 上溝公民館、市内で初めての高齢者学級「ことぶき学級」を開催
3月2日 市公民館整備基本計画(第2次基本計画)を策定
4月1日 市教委、社会教育課に組織公民館担当職員を配置
相模台公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、相模台出張所と併設)
相武台公民館・東林公民館設置
4月 公民館職員研修会始まる

昭和50年〜59年(1975〜1984年)

年(西暦) 月日 できごと
昭和50年(1975) 4月1日 大野中公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、大野中出張所と併設)
11月3日 上溝公民館、優良公民館として文部大臣より表彰される
※市社会教育委員会議、「本市における社会教育振興について」を建議
昭和51年(1976) 2月28日 第1回公民館のつどいを開催
4月1日 市教委、公民館に夜間管理代行員制を導入
8月1日 市域北部の広域公民館として橋本公民館新築開館(鉄筋コンクリート造4階建、橋本出張所と併設)
昭和52年(1977) 4月1日 横山公民館・光が丘公民館設置(星が丘公民館より分離)
9月10日 市社会教育委員会議「相模原市における青少年教育の推進について」を建議
昭和53年(1978) 4月1日 大野北公民館新築開館(鉄筋コンクリート造3階建、教育研究所・大野北出張所と併設)
4月 組織公民館に1館1名の常勤職員配置
昭和54年(1979) 3月1日 大沢公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、大沢出張所と併設)
4月1日 新磯公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、新磯出張所と併設)
7月1日 麻溝公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、麻溝出張所と併設)
※本年度より公民館常勤職員増員(1館3名)
※高齢者教室(昭和55年度高齢者学級と改称)市内公民館で18学級開設
昭和55年(1980) 3月19日 市社会教育委員会議、「相模原市における社会教育事業のあり方について-教育委員会の事務と公民館の事業の明確化-」を答申
4月1日 田名公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、田名出張所と併設)
11月3日 相模台公民館、優良公民館として文部大臣から表彰される
昭和56年(1981) 4月1日 社会教育課に公民館係と博物館準備係を新設
相原公民館・小山公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建)
5月10日 市民健康まつりが公民館毎に実施される(19会場)
6月26日 市教委、第1回高齢者学級研究集会を市民会館で開催(以後毎年開催)
昭和57年(1982) 4月1日 星が丘公民館・清新公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建)
昭和58年(1983) 3月15日 市公民館保育を考える検討委員会、「相模原市における公民館保育のあり方について」の報告書を発行
4月1日 中央公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建)
8月25日 市社会教育委員会議、「南文化センターのあり方について」を答申
9月1日 大野南公民館新築開館(南合同庁舎内に)
昭和59年(1984) 4月1日 相武台公民館・東林公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建、出張所と併設)
4月14日 市公民館連絡協議会、「公民館職員体制について」市に要望
5月11日 市公民館連絡協議会、冊子「これからの相模原のめざす公民館」を発行

昭和60年〜平成6年(1985〜1994年)

年(西暦) 月日 できごと
昭和60年(1985) 3月8日 市社会教育委員会議、「図書館の今後のあり方について」を答申
3月23日 市公民館図書室検討委員会、報告書を発行
4月1日 横山公民館・光が丘公民館新築開館(鉄筋コンクリート造2階建)
7月10日 相模原市社会教育関係団体事務室利用者協議会発足
8月 相模原市公民館運営審議会委員長連絡協議会発足
昭和61年(1986) 4月1日 大沼公民館設置(鉄筋コンクリート造2階建開館)
昭和62年(1987) 4月1日 上鶴間公民館設置(鉄筋コンクリート造2階建開館)
6月 南文化センター、「社会教育ニュース」第1号を発行
昭和63年(1988) 4月1日 相模台公民館改築・大野中公民館増築開館
平成元年(1989) 11月22日 相模原市社会教育振興計画=生涯学習社会に向けての社会教育の展開=策定
平成2年(1990) 6月29日 生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律(通称:生涯学習振興法)(総務省行政管理局HP「法令データ提供システム」へリンク)公布
11月3日 大野中公民館、優良公民館として文部大臣から表彰される
平成3年(1991) 6月11日 生涯学習審議会、「公民館の整備・運営の在り方について」中間まとめ
11月11日 上溝公民館改築開館(鉄筋コンクリート造地下1階・地上3階)
平成6年(1994) 7月1日 大野台公民館設置(鉄筋コンクリート造2階建開館)

平成7年〜16年(1995〜2004年)

年(西暦) 月日 できごと
平成7年(1995) 9月5日 市社会教育委員会議、「生涯学習時代における社会教育−よりよい地域づくりと公民館の役割−」を報告
11月1日 橋本公民館、優良公民館として文部大臣から表彰される
平成8年(1996) 4月1日 大野北公民館増床開館
平成9年(1997) 3月1日 「社会教育振興計画」実施計画「住みよい地域社会をつくる活動を生み出す公民館をめざして」策定
平成10年(1998) 7月1日 陽光台公民館設置(鉄筋コンクリート造2階建開館)
平成11年(1999) 3月15日 社会教育ニュースが教育委員会ニュースと統合
4月1日 相原公民館工作室増床開館
9月1日 市社会教育委員会議、「生涯学習社会における家庭、地域の教育力の強化のために」を報告
平成12年(2000) 4月1日 社会教育法改正(公民館運営審議会の必置制の廃止等)
4月17日 橋本公民館移転開館
平成13年(2001) 4月21日 総合学習センター開所
7月11日 市社会教育委員会議、「公民館のあり方について」を答申
10月22日 大野北公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される
平成14年(2002) 3月31日 南文化センター廃止
4月1日 公民館常勤職員1名引き上げに伴い、公民館活動推進員(非常勤特別職)を各館2名配置
総合学習センターに社会教育主事を集中配置し、公民館支援を開始
旧南文化センターを貸館に限り暫定開放開始
7月2日 公民館図書室の昼休み時間中(正午から午後1時まで)の開室を開始
7月23日 夏季休業期間中における公民館図書室の開室時間を午後6時まで延長※通常の開室時間は、午前10時30分から午後4時30分まで
8月1日 東林公民館増築開館
平成15年(2003) 4月1日 公民館長代理を11館に配置
6月1日 各館に公民館運営協議会を設置(公民館運営審議会は廃止)
10月23日 大沢公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される
平成16年(2004) 4月1日 公民館長代理を12館に配置(23館に公民館長代理が配置される)
公民館図書室の開室時間を通年で午前10時から午後5時までに変更
10月29日 新磯公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される

平成17年〜(2005年〜)

年(西暦) 月日 できごと
平成17年(2005) 4月1日 全館で館長代理と公民館活動推進員3名の4名体制へ
貸館における通年開館を全館で本実施
10月31日 麻溝公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される
11月13日 旧南文化センターの暫定開放終了
平成18年(2006) 1月4日 大野南公民館増床開館
3月20日 津久井町・相模湖町との合併により、津久井中央公民館・青根公民館・桂北公民館・千木良公民館を相模原市立公民館として設置
平成19年(2007) 3月11日 城山町・藤野町との合併により、城山公民館・藤野中央公民館・沢井公民館・牧野公民館・佐野川公民館を相模原市立公民館として設置
4月1日 公民館長代理を津久井中央公民館・桂北公民館に配置
4月10日 大沢公民館増築開館
平成20年(2008) 2月19日 文部科学省中央教育審議会、「新しい時代を切り拓く生涯学習の振興方策について〜知の循環型社会の構築を目指して〜」を答申
3月25日 田名公民館増築開館(4月8日貸館開始)
10月28日 田名公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される
平成21年(2009) 3月23日 新磯公民館増築開館(4月7日貸館開始)
4月1日 藤野中央公民館建替開館(4月1日貸館開始)、公民館館長代理を藤野中央公民館に設置
平成22年
(2010)
11月2日 相原公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される
平成23年
(2011)
11月18日 大野南公民館、優良公民館として文部科学大臣から表彰される

その他近年の関連年表

年(西暦) できごと
平成6年 4月 社会教育部を生涯学習部と改称。
同時に生涯学習課を設置(社会教育課と併設)
平成7年 11月 博物館設置
平成8年 1月 相模川自然の村設置
平成9年 5月 総合水泳場設置
11月 市民ギャラリー設置
平成11年 4月 青少年学習センター設置(平成10年3月青年の家廃止)
平成12年 4月 社会教育課が生涯学習課と統合
平成18年 4月 総合学習センター公民館支援担当が組織改編により、生涯学習課公民館支援チームとなる
平成21年 4月 組織の名称変更により、生涯学習課公民館支援チームから“公民館支援班”となる
平成24年 4月 生涯学習課企画班との統合により、生涯学習課公民館支援班から“企画支援班”となる