戦後60年 語り継ぐ戦中・戦後

 本年(平成27年)は、戦後70年の節目を迎えます。本特集は、丁度10年前に小山公民館主催によりまとめられました
 「戦後60年 語り継ぐ戦中・戦後」 を掲載するものです。


 語り部の方の中には既に鬼籍に入られた方もいらっしゃいます様に戦争を経験された方が段々少なくなり、戦争を知らない若い方々が増えつつあります。戦争によって何が失われ、何が変わったか、戦争とは何かなどを考える一材料になれば幸いです。

        以下は、掲載予定月とその内容です。


         注:小山公民館図書室でこの冊子は閲覧可能です。

5月 第1部「日々の暮らし」
  学校教育
11月   外地からの引き揚げ
6月   給食室・児童ホーム 12月   終戦前後
7月   向陽少年鼓笛隊、
  家事の手伝い・子どもの遊び
1月 第3部「変わり行く郷土・小山の地」
  養蚕農家、境川の思い出
8月 第2部「戦争体験」
  空襲の記憶
2月   青年団若草会
9月   学徒勤労動員 3月 寄稿 
  私の戦闘体験、満州で終戦を迎えて、
  孤児の身で満州から引き揚げて 
10月   シベリア抑留 4月 年表
  発 行  平成17年11月

 イラスト  岸 久夫

 編 集  小山公民館文化部
   秋本 昭一  伊藤 道子
   稲場 政子  大谷 久助
    竹内 博之  永冨 多美子