公民館協力会
トップページに戻る>  一覧表に戻る
公民館協力会とは
 清新公民館では各種行事が多く、それに携わる人員の確保が難しい。そこで地域の方々でボランテェアで公民館にお手伝いできる方を募ったところ、多数の応募があり、協力会が発足いたしました。
地域の皆さんは公民館での行事で青いベストを着た人を見かけると思いますが、その方々が協力会です。
現在の人員は、25名でそれぞれの行事のたびに、協力しています。
 【協力会の役割】
1.春と秋の公民館植栽の剪定
2.ごうやの植え付け(緑のカーテン)
3.自治連主催のふるさとまつり(7月)、公民館主催の子どもデー(2月)での
  お化け屋敷の製作と安全管理
4.公民館まつり(11月)の各展示場の設置と展示物の貼り付け
5.清新クリスマスフェスタ(12月)に於ける、公民館イルミネーション設置と
  クリスマスフェスタの開催
6.その他、必要の都度
公民館協力会の活動
「ゴウヤの植え付け」
 緑のカーテン


 公民館の事務室は夏西日が当たります。その西日避け(遮光)と鑑賞、ゴウヤの収穫を楽しみに手製のプランターに苗を植えています。
成長したゴウヤの緑のカーテンは見事で「まちみどり公社」より3年連続で表彰を受けています。
「樹木伐採、植木の選定」
 公民館の敷地内には樹木、植木が多くあります。そこで、協力会が6月、10月に手入れしています。
 
伸びた枝の伐採
「お化け屋敷の製作展示等」
 自治連主催のふるさとまつり、青少年事業における子どもデーに「お化け屋敷」の製作展示、安全管理等で活躍しています。
お化け屋敷関係者一同
「公民館まつりへの協力
 公民館まつりの開催にはには多くの人出がかかります。
協力会では、小学生によるポスター、絵などを展示するボードなどを設置して、協力しています。
展示ボードの設置
「清新クリスマス・フェスタの開催」
 協力会では地区にはイベント等が無い12月に、公民館として地域の方々の憩いの場、ふれあいの場、そして子ども達への思い出つくり、元気づけのため、公民館にクリスマスイルミネーションを設置しています。また、行事としてスタンプラリー、イルミネーションコンクール、コンサート等を行っています。
公民館にイルミネーションの設置

ライン