清新地区社会福祉協議会

清新公民館トップページへ戻る

社会福祉協議会とは

 
社協の略称で知られていますが、営利を目的としない民間組織で、昭和26年(1951年)に 制定された社会福祉事業法(現在の社会福祉法) に基づき設置されました。
 地域に暮らす皆さんや、民生委員、児童委員、自治会、公民館、福祉法人、保健・医療・教育に関わる皆さんの参加協力で、 安心して生活することのできる 「福祉のまちづくり」の実現を目指して活動しています。
 ⇒相模原市社会福祉協議会ホームページ

社会福祉法の目的

以前に制定された社会福祉事業法は、平成12年(2000年)社会福祉法に改定され、主な目的は以下のようになりました。

社会福祉協議会の活動

 清新地区の社会福祉協議会では、多くの皆さんの参加とご協力でいろいろな取り組みをしています。 電話
    ◇事務所:清新公民館内   
    ◇連絡先:042−755−0055    お気軽にお尋ね下さい。

 清新地区社会福祉議会パンフレット  
 新しくなりました!  
   
↑今年度地区社協パンフレットを新しくしました。↑
 画像をクリックしてください。(PDF形式で掲示しています。)
   

      
 ⇒清新地区社会福祉協議会:事業計画 ※PDF
      その年度の事業計画書に基づき、ほぼ毎年実施されます

 ⇒広報誌 「なかま」(年2回発行) ※PDF
    平成28年7月1日(第60号)     平成29年1月15日(第61号)
    平成29年7月1日(第62号)     平成30年1月15日(第63号)

 ⇒広報誌 「294ニュース」(月初もしくは15日に発行) ※PDF
    平成28年   11月(94号)
    平成29年   7月(95号)   9月(96号)   10月(97号)   11月(98号)   
   
    ◆最近の活動のご紹介
       7月26日 車イス体験・昔あそび 開催・・・詳細はこちらへ
      10月 1日 赤い羽根共同募金(街頭募金)実施・・・詳細はこちらへ
 
 ⇒ちょこっとボランティアくらぶ
    清新地区社会福祉協議会の特別部会の事業です。
    地区内の有志の方がボランティア登録者となり、高齢者や障がいのある方の「ちょっとした困りごと」の
    お手伝いをしています。
    ★詳しくはこちらへ

 ⇒エコキャッププロジェクト
   
 清新公民館の入り口左側に専用の回収箱を設置しています。キャップひとつではお金になりませんが、まとまれば大きな力になります。ひとりが集めるキャップは少なくても、みんなで集めればたくさんになります。また、ごみを少なくすることにもつながります。
 ※キャップ860個(2Kg)で20円になります。

ワクチンと一人分の単価
ワクチン名  一人分の単価 
 ポリオ(小児マヒ)  約20円
 MMR(はしか、おたふくかぜ)  約114円
 BCG(結核)  約7円
 はしか  約95円




 
清新小学校「エコキャップ福祉プロジェクト」によるペットボトルキャップの搬入。 H25.01.23

公民館事業と共催で行っている主な企画の紹介

◇児童福祉体験事業 「子どものための福祉体験」では

 「夏休み子ども福祉映画会」  

 小学生に「福祉」を身近に感じてもらうために、福祉映画、車いす体験などを実施しています。

子ども福祉映画会の風景
福祉映画会の風景
子どもセンターの大きなスクリーン
子どもセンターには大きなスクリーンがあるんです

◇「町民運動会高齢者事業」では

 町民運動会では、地域の高齢者を招待し本部席の近くに席を設けて観戦してもらっています。そして地域の子どもたちとおじいちゃんや、おばあちゃんが一緒に競技をして参加者から大変喜ばれています。

運動会 ゆっくりいこう
町民運動会で「おじいちゃん ゆっくりいこうね」
運動会 ゆっくりいこうね
町民運動会で「おばあちゃん ゆっくりいこうね」

◇公民館まつり 「福祉バザー」では

 毎年行われる公民館まつり会場の一角で、福祉バザーを実施しています。地域の皆さんから寄付していただいた物品を販売し、毎年8万円前後の売り上げになり、それは地域の福祉活動費に充てられます。

福祉バザーで
公民館まつり会場で行われる「福祉バザー」で
福祉バザーで
公民館まつり会場で行われる「福祉バザー」で
このページの先頭に戻る