公民館トップページに戻る>
運営協議会の活動に関する紹介ページ  (下記の項目をクリックしてください)
  ◆平成27年度 運営協議会委員の施設見学
  ◆運営協議会の概要について
実施日:平成28年2月3日(水)
   見学先:平和祈念展示資料館(新宿)
<目的>
 様々な社会教育施設等を視察することにより、自館の運営に生かすアイディア等を学ぶ機会とする。
<内容>
 施設を見学し、語り部の永野平蔵さんの戦争体験を聞きました。永野さんはフィリピンに歩兵部隊員として出兵、上陸時約1500人いた部隊は、アメリカ軍との戦闘、南方特有の病で次々と命を落とし、帰還時の生存者はわずか68人。生々しいお話の数々に、メンバーは熱心に耳を傾けていました。
 3月に文化部で開催する「語り部講座」の参考に大いになりました。
平和祈念館の語り部 永野さんの体験を聞く 参加した運営協議会メンバー
運営協議会の概要
1.設置目的

  「公民館運営協議会」は、公民館における各種事業の企画実施等、公民館の運営に関する事項について協議し、
  推進する機関として設置されています。 
  その職務は次のとおりで、各委員は公民館長から委嘱されます。
  (1) 公民館の運営方針に関すること。
  (2) 公民館の年間事業計画に関すること。
  (3) 公民館事業の企画実施に関すること。
  (4) 公民館の利用団体に関すること。
  (5) 公民館の施設、設備等の利用に関すること。
  (6) その他公民館長が必要と認めること。
2.委員の構成 
  委員は次の各団体等から推薦された方20人で構成します。( )内は人数です。
   ・学校長 (2)               ・地区自治会連合会 (4)           
   ・地区社会福祉協議会 (1)     ・地区民生委員児童委員協議会 (1)
   ・学校PTA (2)           ・地区子ども会育成連絡協議会 (1)   
   ・地区老人クラブ連合会 (1)   ・体育指導委員 (1)   
   ・青少年指導員 (1)         ・健康づくり普及員 (1)    
   ・利用者代表 (1)         ・公募委員(3)    
   ・公民館長 (1)
3.委員の任期
  平成27年6月1日から平成29年5月31日までの2年間です。 ただし、選出の機関(団体)からの変更
  がある場合は、この限りではありません。
  その場合の任期は、前任者の残任期間となります
4.会議の開催状況
 ・年間の会議回数  3回程度  ・概ね夜7時30分から2時間程度です
5.その他
 
・各委員は無報酬です。


【関 係 法 規】
相模原市立公民館条例(抜粋)
(公民館運営協議会)
 第10条 公民館に公民館運営協議会(以下「協議会」という。)を置く。
   2 協議会は、公民館における各種事業の企画実施その他の運営に関する事項について協議し、
     及びその推進を図る。
   3 協議会の委員(以下「委員」という。)の定数は、25人以内とする。
   4 委員の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、委員に欠員が生じた場合の補欠委員の任期
     は前任者の残任期間とする。

相模原市立公民館条例施行規則(抜粋)
(公民館運営協議会)
 第10条 公民館運営協議会(以下「協議会」という。)の所掌事務は次のとおりとする。
  (1) 公民館の運営方針に関すること。
  (2) 公民館の年間事業計画に関すること。
  (3) 公民館事業の企画実施に関すること。
  (4) 公民館の利用団体に関すること。
  (5) 公民館の施設、設備等の利用に関すること。
  (6) その他公民館長が必要と認めること。
 第11条 協議会の委員は、公民館長及び次に掲げる者のうちから公民館長が委嘱するものをもって
      充てる
  (1) 学校教育の関係者
  (2) 地域団体の関係者
  (3) 公民館利用団体の代表者
  (4) 学識経験者
  (5) 公募による者
  (6) その他公民館長が必要と認める者
 第12条 協議会に会長を置く
   2 会長は、公民館長をもって充てる。
 第13条 協議会の会議は、会長が招集する。
   2 協議会の会議は、委員の過半数が出席しなければ、議事を開き、議決することができない。
 第14条 協議会の庶務は、公民館で処理する。
 第15条 第10条から前条までに定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会
      に諮って定める。
 公民館ページに戻る>    先頭ページに戻る>