相武台公民館
 Home公民館ガイド年間行事公民館報サークル地域情報リンク集交通情報
HOME> 年間行事 > 結果
 
平成29年11月4日、11日、18日  郷土の偉人「伊東方成」講座(後半)  【共催 涌田先生の話を聴く会】
  11月4日から18日の3回にわたり、郷土の偉人「伊東方成」の後半の講座が開催されました。
講師は、前半同様郷土史家 涌田佑氏です。

郷土の偉人 「伊東方成」講座
        (蘭方医・明治天皇侍医)

県選定「神奈川の百人」に 近代相模原からはただ一人選ばれている医師です。

伊東方成(1834-1898年)は、上溝で生まれました。幕命により1862年から約8年間オランダに留学し蘭学を勉強しました。その後何度も留学し、更に眼科医学を深め、木製の眼球模型を初めて日本に持ち帰ったほか、視力検査表の翻訳などを手がけ、眼科医の先駆者としてしられています。
明治天皇の侍医を務めました。

伊東 方成
 方成の仕えた明治天皇と大正天皇 (11/18)  
 
上溝の鈴木愛之助(明治天皇侍医)の実家 鈴木さんから、涌田先生へ感謝の花束が贈られました。
  侍医時代の宮内省事情 (11/11)  
        
    
  
 当時、漢方医に診てもらうには、どれくらいの医療費がかかったのでしょう。種痘も始まったようです。
 上溝新発掘資料 (11/4) 
 
  
   
    
 昨年の「伊東方成展」は、引き続き「伊東方成」の出身地である上溝公民館でも行いました。上溝公民館では、地元有志と上溝地区の蔵を訪ね、方成に関する資料を探しました。すると、歴史ある上溝ならではの貴重な漢方の薬の記録や当時の医師に関する資料が発見されました。
  トップへ   
  
〒252-0325 相模原市南区新磯野4-1-3 Tel 046-256-3700 Fax 046-256-2803  
E-mail soubudai-k@city.sagamihara.kanagawa.jp