銭湯「武の湯」
相武台で今も続く 銭湯
館報そうぶだい199号 
平成29年1月15日発行 の記事から

          

1957年、先代が相武台前で銭湯をはじめ60年になる「武の湯」さん。相武台前駅近くにいち早く銭湯をひらきました。
「武の湯」の「武」は、もちろん相武台の一字を取ったものです。今のご主人は2代目 山崎二郎さん。

先代は「銭湯ができるとまちが生まれる」とよく言っていたそうです。
現在は、どこの銭湯も同じように昔ほどの賑わいはありませんが、社交場として多くのお客さまに指示されています。

広々とした銭湯をご夫婦で楽しんでいる方は「知り合いと会うと時間を忘れておしゃべりしたり、
心も体もスッキリできる銭湯は、内風呂では絶対味わえない」とのこと。

また、武の湯はいまだに薪で沸かしていることから、湯の質がまるいのが特長です。
その良さを知っているからこそ、やめられないとのことでした。

懐かしい湯桶

大きなボイラー

銭湯でしか味わえない
「じゃばら湯」

今だに薪にこだわる「武の湯」。ご主人は週に2~3回、木材をトラックで運び、
ボイラー用に切りそろえるなどかなり手間ひまかけて湯を沸かしています。

相武台に人情あふれる「銭湯」があることは、なんだか嬉しいですね、ほっこりします。

ミッケ! 相武台のこんなトコロ へ戻る