相武台を強風から守る防風林?
新磯野1丁目の邸宅
館報そうぶだい204号 
平成30年3月31日発行 の記事から
静かな住宅街の一角に、涼やかな風が吹き抜けます。
この素晴らしい垣根は、はじめは金木犀で作ってありましたが、途中からシラカシを追加したそうです。
一歩お庭に入ると、静寂に包まれ落ち着きます。
金木犀の香りが漂い、秋はどんぐりもたくさん実り、虫や鳥たちの憩いの場となっています。
垣根は、いまや電柱を越え、見上げるまでの見事なものになりました。さぞかし、お手入れも大変なことでしょう。

さて、どこまで伸びることやら。
みなさんも、新磯野1丁目を散歩して、是非見つけてくださいね。
ミッケ! 相武台のこんなトコロ へ戻る