学校に関わるお金のこと

学校で扱われている会計は、『公費会計』と『私費会計』 があります。
公費は学校で支出手続きをします。私費は保護者の方へ負担していただきます。

[公費]

国や県、市が支出する経費です。
例えば・・・

学校を建てる

遊具を設置する

教科書の配布

机いすなど備品の整備

学校を建てる

遊具を設置する

教科書の配布

机いす等備品の整備

[各学校での公費会計 具体例]
a 学校や学年・学級単位で必要な消耗品や教材の購入
プリント再生紙 画用紙 清掃用具など
b 施設維持のために必要な修繕
ガラスの修繕など
c 学校の備品の修繕等
バスケットボール板の修理など

[私費]

児童、生徒個人の所有物にかかる経費です。例えば・・・

1 児童生徒が個人用の教材教具として使用する物にかかる経費

個人用図書  個人用ノート類 個人用文具類 補助教材
個人用学習用具 個人用制服等

 

2 教育活動の結果、その作品が児童、生徒個人に還元される物にかかる経費

学習教材  実習教材

 

3 校外学習、体験学習にかかる経費

修学旅行 社会見学 工場見学 遠足 キャンプ 学校で行う芸術鑑賞事業

 

4 記念品として個人の所有になるものにかかる経費

卒業アルバム 文集等