文化伝統

長い年月をかけ 磨かれてきた

我が祖先の知恵と汗の結晶

限りなく美しく 無駄がない

それらの一つにふれた時

幾千幾万の先人の思いが伝わってくる

 昔から受け継がれてきた日本の伝統や文化。多くのものは姿を消してしまった。しかし今の時代まで受け継がれてきたものには意味がある。何気なく見過ごしていたものの中に、先人の知恵と汗の結晶が詰まっている。 
 例えば、「大山こま」。神奈川県の山岳地域の特長を生かした伝統工芸を体験する。水木の角材から一連の工程を確かめながら、いろいろな道具を使って作り上げていく。水木を材料にする訳、こまを作る意味、道具の工夫、作り方の工夫などいろいろな疑問がわき、発見が生まれる。また、「組木細工」。木目を読み、ノミの入れ方を考える。釘は一本も使わず、木と木が支えあう力を計算し、形を作っていく。子どもたちが神社仏閣を訪れた時、建物のつくりに視点がゆき、その機能美に感心することだろう。先人の知恵に感心し、その技術や作品に無駄の無い美しさを感じたりすることによって、日本の文化伝統に関心を持ち、深いかかわりをもとうとする気持ちが育ちます。

こうぞから和紙作り 大山こま 相模の大凧 わら細工(リース、ぞうり)

たこ もちつき うどん 大豆の変身(豆腐作り) 茶摘みと製茶

郷土のおやつ(石垣だんご、まんじゅう) だんご 茶道 組木細工

相模川ビレッジ若あゆ>活動例>